スポンサーリンク

暴落でも何でもない

スポンサーリンク
株式投資の心構え
スポンサーリンク

 こんにちは、でんです。6月18日の米国市場で米国大型500社によるS&P500指数は1.31%下落しました。ここ1週間下落傾向が続いています。しかし、この程度の下落は暴落でも何でもなく、株式市場ではよくあることです。

スポンサーリンク

日々の値動きに惑わされない

 米国株や全世界株の市場は長期的に右肩上がりで成長してきました。高値から90%近く時価総額が吹き飛んだ世界恐慌や50数%暴落したリーマンショックといった強烈な暴落を乗り越えた上で、年平均7%程度のリターンを出してきました。株式市場は上昇する日の方が多いですが、当然下落が続く日もあります。上昇や下落、時には暴落や急騰をして、20年以上の長期で見れば右肩上がりに成長していく傾向があるというものです。米国株や全世界株のインデックスファンドに長期投資している投資家は日々の値動きに惑わされる必要はないです。

 このブログに来ていただき、最後まで読んで下さり、ありがとうございました。一日でも長く株式市場に残り続けたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました