スポンサーリンク

銘柄分散

スポンサーリンク
卵は1つのかごに盛るな 株式投資の心構え
スポンサーリンク

 こんにちは、でんです。株式投資に「卵を一つのかごに盛るな」という格言があります。分散投資がリスクの低減に有効です。投資の世界でいうリスクは価格の上昇と下落のブレ幅を指し、日常使う危険性の意味とは少し違います。

スポンサーリンク

複数の銘柄を持つ

  • 集中投資はハイリスク
  • 投資信託や上昇投資信託(ETF)

 1社の株式は短期間で2倍、さらに「テンバガー」と呼ばれる10倍に株価が跳ね上がることがあります。一方で半分になったり、あるいはゼロ(倒産)になることもあり得ます。1社のみに投資していると、どうしても資産のブレ幅(リスク)が大きくなってしまいます。皆様が知っている大企業なら安全だと思うかもしれませんが、日本航空は2010年に一度上場廃止となり株が無価値となりました(2012年に再上場しています)。かつて日本で1番高格付けの安全な銘柄とされ「値上がりの見込める債券」とまで言われていた東京電力は東京電力福島第一原発事故で、株価は大きく下落してしまいました。近年ではカルロス・ゴーン氏の事件や経営失敗の影響などで日産自動車の株価が新型コロナショック以前から下落し、数年で半値以下になっています。日産自動車は株価に対する配当金の比率が高い高配当銘柄として少額投資非課税制度(NISA)で個人投資家に人気を集めていました。現在では配当金が出なくなっています。ここ1カ月は上昇傾向ですが、配当金目的としても値上がり目的としても非常に苦しい銘柄となっています。

日産自動車の5年チャート。新型コロナショック以前から下落していた。ここ1カ月は上昇傾向だが、数年前の半値以下になっている


 チャートはtradingview日本語版より https://jp.tradingview.com/

 個別株で分散しようとすると、日本株は原則100株単位の購入のため1社だけで数万円から数百万円します。「ユニクロ」のブランドで知られているファーストリテイリングは現在、850万円以上かかります。米国株は1社1株単位で買えますが、人気の優良銘柄は1社1000ドル(10万円)以上するケースもあります。1社が倒産したとしても影響を1割以下に抑えるには最低10銘柄は必要で、まとまった資金が求められます。仮にまとまった資金が準備できたとしても、持っている銘柄ごとに3か月に1回決算を確認する必要があります。簿記の知識が必須となり、銘柄が多ければ多いほど手間がかかります。一方、投資信託はネット証券だと100円から購入でき、国内外の数十から数百社、商品によっては数千社の株式を持つことができます。上場投資信託(ETF)はリアルタイムに株式市場で取引でき、数千円から数万円で投資信託と同様に広く分散された投資を可能とします。投資信託、ETFともに個別株に求められる決算確認の手間が省けます。当ブログでは手数料が安く、米国や全世界株式の指数に連動したインデックス型の投資信託やETFを勧めます。国際分散の必要性やお勧めのインデックスファンドは別の機会に紹介します。

米国国旗
地球儀

用語解説

  • 少額投資非課税制度(NISA)

 通常、株式や投資信託、ETFから出る配当金や分配金、売却時に出た利益に対し、20.315%課税されます。NISAはこれらの配当金、分配金、売却益が一定期間非課税になる制度です。英国のISAをモデルに日本版ISAとしてNISA(Nippon Individual Saving Account)の愛称がついています。年間120万円を上限に5年間の運用が非課税となる一般NISA、年間40年間を上限に20年間の運用が非課税となるつみたてNISA、年間80万円を上限に5年間の運用が非課税となるジュニアNISAがあります。なお、一般NISAは2024年から新制度となり、ジュニアNISAは2023年を最後に新規の拠出(投資)が廃止となります。NISAについての考え方は後日、紹介します。詳しくは金融庁ホームページ https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/

 このブログに来ていただき、最後まで読んでくださってありがとうございます。前回掲載記事で不動産上場投資信託(REIT)のスペルを誤って掲載してしまいました。お詫びして訂正し、修正した記事を更新しました。今後ともよろしくお願いします。

ブログランキング参加しています。押していただけるとうれしいです
ランキングに参加しています。押していただけるとうれしいです
押していただけると励みになります
PVアクセスランキング にほんブログ村
押していただけると励みになります
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
株式投資の心構え株式長期投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でんをフォローする
スポンサーリンク
でんの株式長期投資戦略

コメント

タイトルとURLをコピーしました