スポンサーリンク

投信資金流入、インデックス型が後押し

スポンサーリンク
eMAXIS Slim S&P500表紙 株式投資の心構え
スポンサーリンク

 こんにちは、投資信託協会が公表した投資信託概況で、2022年上半期(1~6月)の公募株式投資信託の純資金流入額は4兆円を超えました。米国株や先進国株、全世界株などのインデックス型投資信託への堅調な流入が後押しした結果とされます。集計可能な2002年以降、半期ベースで過去8番目の水準でした。日経電子版で13日報道されました。ロシアによるウクライナ侵攻やインフレ進行、各国中央銀行の利上げで株式市場は荒れ気味の展開にも関わらず、流入超過が続きました。

スポンサーリンク

当然かつ健全な流れ

eMAXIS Slim S&P500表紙
楽天VTI表紙

 日経電子版によると、集計対象の公募株式投資信託は上場投資信託(ETF)を除き、株式に加えて不動産投資信託(REIT)や債券などに投資している商品も含みます。純資金流入額は設定額から解約・償還額を差し引いた額という意味です。2022年上期は4兆651億円で前年同期比2%増でした。過去最大は2007年上期の8兆6,217億円です。流入上位に並ぶインデックス型投資信託はeMAXIS Slim 米国株式や楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)などが並びます。いずれも、積み立て型少額投資非課税制度(つみたてNISA)や個人型確定拠出年金(iDeCo)を活用した長期投資をする投資家に広く投資対象とされている投資信託です。世界情勢や金利、株式市場が不安定でも、淡々と毎月積み立て投資をする投資家が増えているとみられます。これらの優良低コストインデックス型投資信託の純資産総額が増えていくのは、当然かつ健全な流れだと判断しています。純資産総額上位が低コストインデックス型投資信託が並ぶ日を待ち望んでいます。このブログに来ていただき、最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

日経電子版の該当記事(該当記事は有料記事です)

投資信託、流入4兆円超え 市場不透明でも堅調
投資信託協会が13日発表した投資信託概況によると、2022年上期(1~6月)の株式や債券に投資する投資信託の純資金流入額が4兆円を超えた。昨年下期(5兆1800億円)より下がったものの、集計可能な02年以降、半期ベースで過去8番目の水準にとどまり、大崩れしなかった。ロシアによるウクライナ侵攻や各国中央銀行の利上げにより...

コメント

タイトルとURLをコピーしました