ロールオーバー

スポンサーリンク
株式投資の心構え

やはりつみたてNISA一択

 こんにちは、楽天証券コラムサイト「トウシル」で、ファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子氏が「NISAのロールオーバーに区分変更、年内準備は大丈夫」という記事を出しました。少額投資非課税制度(NISA)で、一般NISAを選択したり、ジ...
株式投資の心構え

つみたてNISAに区分変更を

 こんにちは、10月から来年分の少額投資非課税制度(NISA)の区分変更受付が始まっています。今年既に一般NISAで投資をしたり、ロールオーバーをしたりしていたため、つみたてNISAへの変更ができなかった人はぜひ手続きを忘れないでください...
株式投資の心構え

岸田首相、NISA恒久化表明

 こんにちは、岸田文雄首相は22日午後(日本時間23日午前)、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)で講演し、少額投資非課税制度(NISA)を恒久化する意向を表明しました。生涯どのタイミングでも非課税で投資できるようにし個人金融資産を投資に...
株式投資の心構え

選べなければつみたてNISA

 こんにちは、でんです。日経電子版の無料記事で少額投資非課税制度(NISA)を紹介する「複雑?選べない?NISAを『とくにかく』始める」考え方のタイトルの記事がありました。その中の一文で迷って選べなければ、つみたてNISAを選択するのが有...
株式投資の心構え

ネット証券以外の一般NISAは厳禁!

 こんにちは、でんです。ごく一部の例外の人を除き、税制優遇口座は積み立て型少額投資非課税制度(つみたてNISA)の方が有利かつ向いています。特に楽天証券やSBI証券、マネックス証券といった低コストインターネット証券口座以外では、一般NIS...
株式投資の心構え

レバナスNISA!?

 こんにちは、でんです。レバレッジをかけたNASDAQ100指数に連動する投資信託(レバナス)を少額投資非課税制度(NISA)で保有しているという書き込みを会員制交流サイト(SNS)で見かけます。レバナスをNISAで保有するために、せっか...
株式投資の心構え

基本的にはつみたてNISA一択

 こんにちは、でんです。株式投資をしていく上での税制優遇制度に少額投資非課税制度(NISA)制度があります。積み立て型のつみたてNISAか一般NISAを選べます。全世界株価指数や全米株価指数、S&P500指数、先進国株価指数に連動...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました