スポンサーリンク

株式投資縛りプレー

スポンサーリンク
世界地図 株式投資の心構え
スポンサーリンク

 こんにちは、でんです。「もし一つの株価指数に連動するインデックスファンドしか買えなかったら」「もし一つの国の株式のインデックスファンドしか投資できなかったら」を自分なりに考えました。毎日株式投資やインデックスファンドといった硬い話ばかりしているので、今回はちょっとした箸休め的な話題です。

スポンサーリンク

一つの株価指数だけ…

世界の国旗

 もし一つの株価指数に連動するインデックスファンドしか買えなかったら、皆様はどの株価指数を選びますか。みんな大好き米国S&P500指数でしょうか。全世界株価指数は国際分散投資の基本中の基本です。国内に有力な投資商品が多い先進国株価指数もいいです。筆者は全世界株価指数を選ぶと思います。ただし、除く日本です。一つの株価指数以外選べないのならば、全世界株価指数がやはり王道です。資産の通貨分散、地域分散の面でも大きいです。加えて日本に住み日本円で生活し、年金も日本円でもらう予定です。勤務先は比較的円高に強い業種で、日本の公的機関と取引が多いです。日本円建て資産をこれ以上増やす意味が見出せません。そういう意味では、もし外資系企業に勤めていたならば日本を含めた全世界株価指数にしているでしょう。もちろん、現実にはそんな制限はないので、S&P500指数、全米株価指数、全世界株価指数に連動するインデックスファンドはいずれも保有しています。主要指数ならば東証株価指数(TOPIX)や日経平均以外はだいたい投資しています。

一つの国だけ…

米国国旗

 仮に一つの国の株価指数に連動するインデックスファンドしか投資できないとすればー。これは一切迷いません。米国の株価指数一択です。S&P500指数、全米株価指数どちらでもいいです。世界の時価総額の半分以上は米国株です。アップルやグーグル、コカ・コーラ、P&Gなどといった旬の企業、長期間にわたり結果を出してきた老舗の企業が多数あります。勢いのある新興企業も次々と生まれています。米国企業が生み出す利益の半分は米国外と言われています。加えて株主保護の文化があり、法制度が整備されています(新興国の中には、現地の権力者や有力者がインサイダー取引などの不正取引がやりたい放題の国もあります)。某国のように30年以上保有し続けているのに、一括投資ならばいまだに元本割れなんてことも歴史上ないです(某国も積み立て投資ならばプラスになっているようです)。現実では当然ですが、一つの国しか選べないなんていう縛りプレーはありません。様々な国の株式を保有できますので安心してください。

 このブログに来ていただき、最後まで読んで下さり、ありがとうございました。今回の記事はかなり趣向を変えました。本当に気軽に読んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました