スポンサーリンク

株式は外国株式中心に

スポンサーリンク
楽天VT① 株式投資の心構え
スポンサーリンク

 こんにちは、でんです。最近は米国株や全世界株、先進国株価指数に連動する低コストで優秀なインデックスファンドが増えてきており、これらのファンドへの資金流入が増えてきています。当ブログもこれらのインデックスファンドは株式投資の中軸となる優秀な投資先と考えています。日本に住み、日本円で給料をもらい、日本円で年金をもらう多くの日本人は、株式は外国株式インデックスファンドを中心に運用するのがいいと考えています。

スポンサーリンク

日本株の比率を増やす理由はない

楽天VT①

 近年は全米株価指数やS&P500指数に連動する米国株のインデックスファンドの成績が良好なためか、米国株のインデックスファンドを勧める方が多いようです。筆者も全米株価指数やS&P500指数のインデックスファンドは全世界株や先進国株とともに、優秀だと考えています。一部で「日本株は米国株などに比べ割安だから比率を高めるべき」「日本円で生活する以上、為替リスクのない日本株の比率を高く保つのが合理的」とする意見も見受けられます。確かに「日本株は割安」だという意見は、一理ある面もあると思います。だからと言って、長期投資の観点から比率を増やす必要は全く感じません。時価総額比例配分の全世界株インデックスファンドを通じて保有していれば十分です。日本株が相対的に上昇すれば、自動的に日本株の比率は高まります。「為替リスクのない日本株~」は認識が異なります。日本株は輸出関連銘柄が中心です。円安に強い業種は世界的企業が多いのに対し、円高に強い業種は国際的にそれほど強くなく株価も長期的に横ばいか低迷している企業が多いです。円安になれば株高、円高になれば株安の傾向は強く、長年この傾向は変わりません。為替の影響を受けるという意味では外国株と同じです。さらに付け加えると最近は国内で外国株のインデックスファンドも低コストの商品が多く出てきており、日本株のインデックスファンド同様に円で気軽に売買できます。経費率の面や流動性の面でも変わらなくなっています。いずれにせよ、日本株の比率を高める理由は全くないと考えます。

 このブログに来ていただき、最後まで読んで下さり、ありがとうございます。ちなみに、日本人で日本株の比率を高めるのもまあ選択肢に入るかもしれないのは、外国に住み外国通貨建てで生活している人や外資系企業勤務者だと考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました