S&P500指数

スポンサーリンク
時事問題

長期金利、一時上限超え0.545%

 こんにちは、日本の10年物国債利回り(長期金利)が13日、一時0.545%と日銀が上限としている「0.5%程度」を大きく上回り(債券価格は下落し)ました。日銀は2022年12月に上限を「0.25%程度」から引き上げたばかりです。わずか1...
株式投資の心構え

DCで元本確保型はもったいない

 こんにちは、個人型確定拠出年金(iDeCo)や企業型確定拠出年金(企業型DC)で、定期預金など元本確保型の運用が多くを占めています。日経電子版によると、2022年3月末時点で、元本確保型で運用している割合はiDeCoが38%、企業型DC...
株式投資の心構え

世界経済、1.7%成長に下方修正…

 こんにちは、世界銀行は10日、2023年の世界経済の実質成長率見通しを1.7%に引き下げたと公表しました。半年前の前回見通しで示した3.0%から1.3%下方修正しました。国内外の複数の新聞社や通信社が報じました。あらかじめ断りますが、積...
スポンサーリンク
時事問題

オルカン、4位浮上!!

 こんにちは、上場投資信託(ETF)を除く国内公募追加型株式投資信託の2022年12月末時点の純資産総額ランキングでトップ20入りしている投資信託で、積み立て型少額投資非課税制度(つみたてNISA)対象のインデックス型の4本は全てトップ1...
株式投資の心構え

eMAXIS、米国高配当株投信誕生

 こんにちは、三菱UFJ国際投信(三菱AM)は12日、米国高配当株価指数に連動する「eMAXIS S&P500クオリティ高配当インデックス」(eMAXIS米国高配当株)の運用を始めました。S&P500指数のうち一定の条件を...
株式投資の心構え

野村AM、DC専用ファンドの信託報酬引き下げ

 こんにちは、野村アセットマネジメント(野村AM)は12月28日、企業型確定拠出年金(DC)専用の先進国株価指数に連動するインデックス型投資信託2本の運用管理費(信託報酬)を年0.154%から年0.1023%に引き下げました。積み立て型少...
株式投資の心構え

ヘッジファンド、14年ぶり勝利

 こんにちは、2022年の世界の主要ヘッジファンドの平均運用利回りが14年ぶりに米S&P500指数を上回りました。日経電子版が5日報じました。ヘッジファンドの2022年1~11月の平均収益率がマイナス4.11%で、同期間のS&am...
株式投資の心構え

インフレでも何でも長期分散低コスト

 こんにちは、経済評論家の山崎元氏が楽天証券のコラムページ「トウシル」で、「インフレ環境下の投資、個人投資家はどう考えるべきか」をテーマの記事を執筆していました。山崎氏は「インフレがあろうと無かろうと、『長期、分散、低コスト』の3原則を...
株式投資の心構え

楽天証券無料本、今年も継続

 こんにちは、楽天証券会員(口座開設者)を対象にマネー本が無料で読めるサービスは、年が変わった1月も継続されています。電子書籍を扱う「楽天Kobo」とのコラボ企画で、通常の口座開設者が10冊読めます。少額投資非課税制度(NISA)または個...
株式投資の心構え

個人向け国債変動10、金利2倍に

 こんにちは、10日から31日まで募集される2023年2月15日発行の個人向け国債変動10年(変動10)の金利が年0.33%(税引後年0.2629605%)と設定され、前回発行の2倍となりました。日銀が大規模金融緩和を見直し長期金利(10...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました