スポンサーリンク
株式投資の心構え

iDeCoの弱点

こんにちは、でんです。株式への長期、分散、積み立て投資をする上で個人型確定拠出年金(iDeCo)を勧めてきました。しかし、iDeCoは積み立て型少額投資非課税制度(つみたてNISA)に比べ、制度が複雑です。加えて一度設定したらほったらかしで...
株式投資の心構え

つみたてNISAの注意点

こんにちは、でんです。株式への長期、分散、積み立て投資に適した国の税制優遇制度に積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)があります。毎年40万円(月3万3333円)を上限に、通常ならば20.315%課税される譲渡益(売却益)や分配...
受験生応援

受験生へ

こんにちは、でんです。きょうはクリスマスイブですね。今年の受験生は新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けています。春先には学校や予備校に行けなかった人がほとんどだと思います。感染防止に細心の注意を払いながら勉強しなければなりません。自...
スポンサーリンク
株式投資の心構え

他人と比較しない

こんにちは、でんです。株式投資をしている人のTwitterなどのSNSを見ると「40歳で億り人(資産1億円)達成」「20代で5000万円突破」などの言葉を見かけます。同年代の書き込みだと自分と比較してしまいがちです。場合によっては焦ったり、...
株式投資の心構え

対決!米国株VS全世界株

個人投資家から圧倒的な人気を集めている米国株と国際分散で王道の全世界株がインデックス投資の「2大派閥」となっています。いずれも長期的に右肩上がりで成長している投資先には変わりません。米国のNFLスーパーボウルや大リーグワールドシリーズ、欧州...
株式投資の心構え

老後に投資は必要?

こんにちは。でんです。退職金が入ると定期預金や投資信託の勧誘が来るという話をよく聞きます。給与や退職金の振込先の金融機関は個人の預金残高を把握しています。営業マンは、まとまった退職金が入った顧客は新規商品を勧誘するチャンスと狙いを定めていま...
株式投資の心構え

市場に居続ける

こんにちは。でんです。収益率を高めるには市場タイミングを的確につかんで売買することと言う人もいます。確かに1度の売買ならばうまくいくかもしれません。しかし、世界中の機関投資家を相手に個人投資家が何度も適切なタイミングで売買をすることはごく一...
株式投資の心構え

毎月分配型投資信託は最悪

こんにちは。でんです。以前のブログで日本の投資信託の9割以上がボッタクリ商品といわざるを得ないと指摘しました。確かに近年では金融庁が長期投資に適した投資信託を売買手数料無料、非課税で運用できる積み立て型少額投資非課税制度(つみたてNISA)...
株式投資の心構え

相場が気になる時

こんにちは。でんです。投資を始めたばかりのころ、上場投資信託(ETF)や個別株ならば取引期間中の値動き、投資信託ならば平日の毎日深夜に更新される基準価格を気にしすぎてしまいがちです。長期投資は、世界が長い目で見れば成長し続けるということに託...
株式投資の心構え

日本株は入れる?

こんにちは。でんです。時価総額に応じた全世界株式のインデックスファンドに投資するのが基本であり、王道です。全世界株式には日本株を含む投資信託(投信)と除く投信があります。売買手数料無料、信託報酬年0.25%以下、純資産総額が右肩上がりで20...
スポンサーリンク